香港サイエンス&テクノロジーパークとマイクロソフト香港がIoT業界の支援に100万米ドルを注入

本稿は、Entrepreneurs HK に掲載された記事を、Entrepreneurs HK の了解を得て日本語に翻訳し掲載するものである。 The Bridge published the Japanese translation of this original article on Entrepreneurs HK under the permission from Entrepreneurs HK.


mshk-hkstp-mou-signing-ceremony

香港サイエンス&テクノロジーパーク(HKSTP)とマイクロソフト香港は本日提携し、香港のIoT業界を世界有数に育成することを目標にIoT開発者の製品を強化する前例ない支援を提供すると発表した。

今回の合意書(MoU)はIoTイノベーションプラットフォームの立ち上げと、クラウドベースの専用データ分析環境を香港サイエンスパークに用意することが含まれる。

IoT開発者は、POC(概念実証)の支援や専門家への相談、トレーニングセッションへの参加などの支援を受ける。そしてクラウドサービスやツールの利用を通じIoTソリューション開発を加速できるようになる。学生、スタートアップ、そして従来のISV(独立ソフトウェアベンダー)など、IoTを通じたソリューションポートフォリオの拡充や価値向上を狙う者はみな上記の支援を受けることができる。

HKSTPのCEO、Allen Ma氏は次のように述べている。

マイクロソフト香港との協力で香港サイエンスパーク内に立ち上げることになったIoTイノベーションプラットフォームとデータ分析環境は、IoT(Internet of Things)のハブとしての香港の無限の可能性を証明するものです。

香港は数多くのIoT開発者を引き寄せており、その多くは香港サイエンスパークを活動拠点として選んでいます。協力的で刺激的な環境であり、そして技術面・マーケティング面の双方であらゆるサービスが利用可能だからです。サイエンスパークでは現在90社がIoT関連プロジェクトに取り組んでいます。取り組みには、データセキュリティからIoT対応ERPシステムなど、様々なプロジェクトがあります。これら企業は動きが軽く、新しいトレンドに素早く対応し、変化する顧客ニーズに合わせたソリューションを開発しています。

香港がIoTのハブに発展していくにはこの数年が重要です。開発者がもっと成果を出せるように後押しをし、次世代のIoTスペシャリストを教育してスタートアップや若いICT(Information and Communications Technology)企業を育むのです。技術インフラは既に整っていますし、香港ではスマートフォン普及率やブロードバンド浸透率が高く、ビッグデータの準備は整っています。近い将来、アジア太平洋地域そして世界のIoTソリューションが、香港を活動拠点に選ぶようになることは間違いありません。

マイクロソフト香港のGeneral Manager、Horace Chow氏は次のようにコメントしている。

HKSTPと一緒に、香港をアジアのIoT開発の中心的ハブに育てる取り組みに加わわることは、私たちにとっても大変喜ばしく思っています。マイクロソフト香港とHKSTPはスタートアップ育成の分野などで既に協力してきており、今回の提携はそうした既存の協力関係の自然な延長線にあると考えています。本MoUにおけるマイクロソフト香港の投資は私たちのSparkHKイニシアティブと緊密に調整されており、イノベーションを通じた香港の成長促進と競争力向上を目指すものです。

Microsoft Asia-Pacific Technology Company Ltd. (MATL)のGeneral Manager、Gary Sun氏は次のように述べている。

香港にIoT産業を育成することによる経済的そして社会的なメリットは非常に大きいです。私たちMATLは、世界最高を自負するIoTの専門スキルと、中国本土の顧客をIoT産業で成功に導く支援の経験があります。今回HKSTPと協力し、香港の従来産業を活性化し、向こう5年間ビッグデータ分野での雇用創出に取り組む機会を得て非常に気が引き締まる思いです。この協力関係がIoTイノベーションプラットフォームを立ち上げ、香港のテクノロジー産業を次のレベルに持って行くことは間違いないと確信しています。

HKSTPとマイクロソフト香港は、今回締結した覚書に基づいて、共同でリソースと専門技術スキルの両面に貢献する。これにはスタートアップにBizSpark経由でAzureサービスを無償で提供すること、Azure IoT Starter Kit、教育施設、事務員サポートとアドバイザリーサービスも含む。