三越伊勢丹、AIを用いたABEJAの次世代型店舗解析技術をテスト導入

SHARE:
ABEJA Behaviorの画面
ABEJA Behaviorの画面

ABEJAが開発するディープラーニング(Deep Learning)を活用した次世代型店舗解析ソリューションを、三越伊勢丹ホールディングス子会社の三越伊勢丹がテスト導入した

ABEJAが提供している顧客動態・滞留データの解析サービス「ABEJA Behavior」や性別年齢推定サービス「ABEJA Demographic」などのサービスを用いて店舗内行動を取得し、データ管理・分析サービス「ABEJA DMP」でオンラインとオフラインのデータをリアルタイムに解析することが可能だという。

今回、ABEJAの技術を導入することに先駆け、お菓子セレクトショップ「菓遊庵」の店舗内レイアウト改善のために、両社は協同プロジェクトチームを発足。ABEJAのインストアマーケティングサービスを用いて仮説検証実験を実施している。

今後、両社は共同して実店舗における仮説のデータ化と、テクノロジーを活用した店舗づくりに取り組んでいくという。

----------[AD]----------