火加減を完璧に調整できるスマートコンロ(のツマミ)「Meld」

SHARE:

Meld_Banner_1920x736_144DPI_v1

料理にとって最も難しいのは、火加減だ。というのも、100%正確な火加減はレシピに表せないからだ。同じ中火でも、メーカーや型番によって火力が異なり、結果、大失敗…というのは普通にある話だ。

そんな火加減の難しさを完璧に解決しようというのが、スマートコンロのツマミである「Meld」だ。このガジェットの面白いところは、既存のコンロのツマミと入れ替えることにより、コンロの火加減を完全に掌握するところだろう。

Meld-Knob

調理される鍋側には温度センサーになっているクリップを装着するようになっており、原理的には火加減のミスを無くすことが可能となっている。一定の温度を保つ必要があるテンパリングなども簡単に行えるはずだ。

Poaching

ちなみに交換後も普通のツマミとして利用可能なところもポイントだ。馴れている人は自分の火加減で調理し、Meldに頼りたい人は信頼しておまかせする。大変にシンプルでわかりやすい使い方だろう。安全性については、コンロの電源を入れられるのは人間だけであり、逆にMeldが火は消せるため、全て人間が制御するときよりも安全になるとのことだ。

53afb2c05875def205f46ef6d680881c_original

専用アプリにはレシピが入っており、食材を鍋に入れたらあとは「Meld」におまかせ。クリップで実際の温度を測りつつも、火加減を自動調節して、調理を行ってくれる。アプリはiOSとAndroidどちらにも対応していて、Bluetoothで通信を行う。

この火加減に関しては究極に近い解決法となるガジェットは2015年秋に出荷開始予定。通常価格は150ドルを予定している。

----------[AD]----------