〝革新的なアイデアでグロースを目指すチームよ、来たれ〟〜マイクロソフトが「Microsoft Innovation Award 2015」への参加チームを募集開始

SHARE:

mia-2015_featuredimage

「ソフトウェアによるイノベーション」をキーワードに、革新的なアイデアをカタチにしたソフトウェア、サービスを表彰するマイクロソフトのアワードプログラム「Microsoft Innovation Award」。これまでに、導電性インクで電子回路をプリントできる AgIC、手術室の画像閲覧操作をジェスチャーコントロールできる Opect、新世代楽器 KAGURA で知られる しくみデザイン など、世を賑わす日本のチームやテクノロジーが最優秀賞や優秀賞を獲得してきた。

今月に入って、マイクロソフトは Microsoft Innovation Award 2015 へ応募エントリを開始している。応募資格はスタートアップに限定されず、個人事業主や学術機関、一般企業の新規事業部門なども対象だ。審査の結果、ファイナリストに選ばれたチームは、6月25日に開催される表彰式に招かれ、最優秀賞(1チーム)には賞金50万円、優秀賞(3〜5チームを予定)には賞金5万円が授与される。

また副賞として、最優秀賞を受賞した企業には、ロンドンや北京をはじめ世界各地の Microsoft Ventures Accelerator 訪問に利用可能なマイレージ(提供:日本航空)、freee よりクラウド会計ソフト「freee」の20万円分のライセンス(提供:freee)、さらに全受賞企業には、名刺管理アプリ「Eight」のプレミアムクーポンと Eight VIP スキャンが提供される(提供:Sansan)。

<関連記事>

昨年は、東京・品川のマイクロソフト本社を飛び出し、都内のホテルでの2日間の開催(Microsoft Ventures Meetup)だったが、今回は会場を本社内に戻し、平日の夜(6月25日)にイベントを開催する。原点回帰する理由について、Microsoft Innovation Award 2015 のプロデューサーを務める砂金信一郎氏(日本マイクロソフト デベロッパー エバンジェリズム統括本部 オーディエンス テクニカル エバンジェリズム部 部長)は次のように説明してくれた。

shinichiro_Isago
砂金信一郎氏(昨年の Microsoft Ventures Meetup から)

このイベントには、一般の方々にも参加いただけるのはもちろんなのですが、一方、マイクロソフトの社内でエンタープライズ商品を開発したり販売したりしている社員に、「こんな技術やスタートアップがあるんだ」ということを気づいてもらえる機会として捉えています。

たとえば、うちの営業に「このスタートアップをあのクライアントに紹介できるかも」とか、披露された技術を既存のマイクロソフトのソリューションとインテグレートして提案を考えてもらうとか、そういう機会にしたい。(砂金氏)

マイクロソフトにはベンチャーキャピタルの機能を持つ Microsoft Ventures を始め、世界6拠点のアクセラレータなど、スタートアップに投資や育成支援を行う環境が整っているが、スタートアップもビジネスである以上、顧客が獲得し、サービスを利用してもらい、ユーザから対価をいただくことが何より肝要。マイクロソフトが社内に持つアセットやリソースを最大限に活用し、スタートアップを稼げるビジネスに育て上げることが目標というわけだ。

なお、いつもの通り、応募対象となるテクノロジーやサービスは、マイクロソフトの開発基盤や環境を使ったものには限定されないので、MVP(実用最小限商品)やプロトタイプが完成していて、技術・商品開発やマーケティング展開の加速を望むチームは、この機会を積極的に活用するとよいだろう。応募締切は6月5日だ。

6月25日に開催される Microsoft Innovation Award 2015 の表彰式では、ファイナリストによるピッチ、審査結果による表彰のほか、THE BRIDGE が協力する形でスタートアップのパネル・ディスカッションも予定している。表彰式への一般参加についても、近日募集が開始される予定とのことなので、乞う御期待。

----------[AD]----------