セキュリティから遠隔モニタリングまで幅広いニーズに応える「Safie」がアマゾンで一般販売を開始

SHARE:
Amazonで一般販売を開始した「Safie(セーフィー)」
Amazonで一般販売を開始した「Safie(セーフィー)」

今年1月にMakuakeで先行予約を開始したスマートセキュリティシステムの「Safie(セーフィー)」。19,800円で購入できるプロ仕様のセキュリティカメラとスマホを連携することで、自宅や商業施設などのさまざまなセキュリティニーズに応えます。そんなSafieに対応したエルモ社製のネットワークカメラ「QBIC CLOUD CC-1」がアマゾンで販売を開始しました。

賃貸の騒音トラブルから飲食店の業務改善まで

Safieは既に個人住宅、飲食店、集合住宅、保育施設など1,000台以上で予約が入っており、その導入が順調に進んでいます。今のところ最も需要が厚いのは、賃貸アパート、ビル管理、テナント、貸しオフィスなど不動産関連業種。でも、セキュリティという観点からだけでなく、遠隔からモニタリングすることで現地に行く手間を省く効率化を目的とした使われ方も増えています。

「自宅カメラで家を守るという使い方以外にも、洗濯物を干していて外出先から空模様が見えて便利だったという声があります。また飲食チェーン店では、従来の静止画ベースの監視カメラに比べてSafieには映像と音声があるため、お店の活気がわかり、接客教育などの業務改善ツールとしても導入されています」(SafieのCEO 佐渡島隆平さん)

他にも、保育園では防犯ではなく、遊びの中でどのように怪我をしてしまったのかを検証し、再発を防ぐために活用されるケースも。また、賃貸住宅で最も多いと言われる騒音トラブルに関して、Safieのカメラを設置することで音声をさかのぼって確認し、どの程度の騒音があったのかを客観的に判断するといった使われ方もされています。さらには、太陽光パネルの遠隔見守りから酪農家の家畜のお産の見張りなどモニタリングツールとしても活躍しています。

機能改善と法人向けメニューの強化

想像以上に幅広いシーンで役立てられているSafieは、さまざまな機能改善に取り組んでいます。カメラ周辺で大きな音が鳴った時にアラートのフラグが立つ音声検知機能、またPC版サービスのベータ版を開始しました。また、旅行等で家を空ける期間だけ日割りで録画サービスを使えるようなプランも用意しています。

「賃貸アパート、飲食チェーン店、介護施設、保育園など従来のネットワーク対応の監視カメラが高過ぎて導入できていなかった法人施設による購入や問い合わせが顕著に増えています。そのため、5月末を目処に、料金プランや録画期間などを柔軟に設計できるようなtoB向けのメニュー拡充にも力を入れていきます」

アマゾンで販売を開始したエルモ社製のネットワークカメラ「QBIC CLOUD CC-1」は、税別19,800円で購入することができます。テクノロジーを駆使することで、家庭から地域までを支える見守りインフラを構築することを目指すSafie。Safieの導入数の増加にともなって、より一層安全な社会が近づいていると言えるのではないでしょうか。

----------[AD]----------