Samsung、2015年第1四半期のスマートフォン販売台数でAppleから王座を奪還

SHARE:

samsung-galaxy-note-4-5
調査会社Strategy Analyticsが本日発表した調査内容によると、今年の第1四半期のスマートフォンの販売数においてSamsungはスマートフォン最大手のAppleを上回ったという。

同レポートに関する記事によると、第1四半期におけるSamsungのシェアは24.1%だったのに対し、Appleは17.7%だった。2014年の第4四半期のホリデーシーズンの期間は、両モバイルデバイスメーカーのシェアは肉薄しており、共に19.6%だったことがStrategy Analyticsの調査で判明した。

Strategy Analyticsによると、ソウルに拠点を置くSamsungの2015年第1四半期におけるスマートフォン出荷台数は8320万台だったのに対し、Appleは6120万台だった。Strategy Analyticsが集めたデータによると、SamsungとAppleに続いてLenovo-MotorolaとHuaweiが名を連ねている。

Samsungは、Galaxy S6 EdgeやGalaxy Noteのような人気のあるAndroidスマートフォンを販売している。Appleは、Apple Watchに重点を置く戦略を取り始めている。

Strategy Analyticsのレポートによると、スマートフォン市場全体は前年同期比で21%成長したが、その値は2014年の各四半期の成長率を下回っている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat
【原文】

----------[AD]----------