Technode台湾、デモデイに登壇したスタートアップ10社を一挙紹介

SHARE:

11292865_943394079045146_2216988_n
TechNode Taiwan(動点科技)によって開催されたDemo Dayにて、台湾、ブラジル、ニュージーランドから10社のスタートアップが6分間のピッチを行い、ジャッジとの質疑応答を4分間行った。審議の末、ジャッジはトップ3のスタートアップを発表した。1位、2位、3位の栄冠はそれぞれSyngency、Loopd、FIISERに渡った。受賞者は6月8、9日と開催が迫ったTechCrunch Shanghaiで1万2000人民元分相当の無料ブースが与えられる。

10社は以下の通り。

Syngency(ニュージーランド)

Syngencyはモデル事務所に対して、豊富なブッキング機能とウェブ管理ソフトに加え、便利なオンライン・モバイルツールおよびクラウド型会計システムを提供する。事務所は容易にブッキングの管理ができ、モデルは最新のブッキング詳細情報を受け取ることができる。現在は英語圏の顧客を対象としているが台湾、香港および日本への進出を予定している。

Loopd

ひと握りの無関係な人達とネットワーク作りをしてるだけではイベントの集客目標数達成は保証できない。Loopdを利用すれば参加者同士がコンタクト情報を交換したり、マーケティング資料を集めたり、講演会にチェックインすることができる。マーケティング担当者は、参加者の行動を物理的に分析することで、最も重要な取引関係の部分に関してさらに理解を深めることが可能になる。

FIISER

FIISERは、無料アプリ用のサーチエンジンだ。いったん同社のウェブやアプリにスタートアップがアップロードされると、ユーザはダウンロードせずにただちに試すことができる。このクロスプラットフォーム型の「アプリ内検索」サーチエンジンで、市場にある226万件以上のアプリを利用することができる。

Alfred

Alfredは即時駐車予約サービスだ。到着の15分前にユーザが電話で目的地を指定すると駐車スペースを確保してくれる。Alfredは会員制で、高級レストランにまでサービスを拡大している。5月には台北にある2000もの駐車場でベータテストを開始し、シンガポール、香港へとサービスを展開していく予定だ。

Docceo

2012年設立のDocceo社は、宿泊客に照明、空調、カーテンの調整のみならず、ルームサービスの依頼から予約までできるようしたDigiJamesを開発した。ツーリストインフォメーションにもつながり、現地での買い物についても検討できる。2014年にGartner Cool Vendorに選ばれ、最近Microsoftと提携してローンチする運びとなった。

Hilight

Hilightは、ソーシャルメディア上の膨大な情報から貴重な情報をハイライトして示すソーシャルコミュニティのプラットフォームを作成した。アプリをダウンロード、またはChromeへのプラグインをインストールすると、ユーザはウェブ上の重要事項にしるしをつけ、お気に入りの記事を集め、良いコンテンツを友達に勧めたり一般にシェアしたりできる。

Omni star

Omni Starの主要商品Tritonは、アウトドア型の潜水可能なウェアラブル端末で、ダイビングコンピュータとして機能する。通常のダイビングコンピュータ同様、ユーザを安全に潜水させるために、この端末は深度、水温、潜水時間、減圧不要限界などを表示する。モバイルアプリとクラウドサービスと併用すれば、個人的なダイビング記録をデジタル管理できる。画像や動画はユーザーのダイブログに保存され、タイムラインとなり、各画像の深度や位置情報の詳細を表示する。

PaperShoot

PaperShootはボディが紙でできているデジタルカメラで、400種類を超えるデザインがある。PaperShootは薄くて軽いので使いやすく、楽に持ち運ぶことができる。ユーザはPaperShootのテンプレートをダウンロードして、自分のお気に入りのカバーステッカーをデザインすることが可能だ。PaperShootは再生紙のパルプ原料、大豆インキ、ハルシャギクの種で作られている。

Triskel(ブラジル)

推定によると人は1日の12時間以上を座って過ごし、人口の半分以上は腰痛に悩まされている。ウェアラブルデバイスを提供することで、Triskelはユーザが正しい姿勢で座っていない時に警告し、ユーザが日々の生活の中で姿勢を正す助けになる。

Zenidea

ソーシャルネットワーキングを積極的に使う求職者のうち76%がFacebookを通して現在の職についていると言われている。PEOPLE Xはソーシャルネットワーク上で求職者のバーチャルアシスタントとなることを目指している。PEOPLE Xをソーシャルネットワークに組み込むことでユーザの友達がお互いの職務内容を見ることができ、雇用機会を見つける手助けとなるのだ。

【via Technode】 @technodechina

【原文】

----------[AD]----------