パーソナルアシスト機能を持ったカレンダーアプリTempoをSalesforceが買収

SHARE:

tempo

<ピックアップ>Salesforce buys smart calendar, Tempo

最近、カレンダーアプリの動きが活発です。2013年にリリースしたTempo。もともと、iOSの音声認識ソフトウェアのSiriの開発元としても有名な調査研究企業のSRI Internationalから独立したスタートアップで、パーソナルアシストのカレンダーアプリであるTempoを開発していた。アポ先や乗り換え案内など、ユーザに必要な情報を教えてくれるカレンダーアプリだったのだが、そのTempoがSalesforceに買収され、6月末をもってアプリを終了する、という旨をサイトに掲載しています。同時に、iTunes Storeから検索ができなくなっており、新規ユーザの受付もストップしています。

買収したSalesforceにとって、カレンダーアプリというよりもそこに集まっている技術力を欲しているのではないかと推測されます。カレンダーというよりも、Tenpoに集まっている人工知能の人材を、どのように活かそうとするのか、気になります。

via TNW

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録