インド発の自動水やり植木鉢Greenopia、クラウドファンディングで目標額を達成

SHARE:

greenopia_featuredimage

想像してみよう。あなたの植物が乾いて水を欲している時、太陽の日ざしや養分たっぷりの土が必要な時にそれを知らせてくれる自動水やり機能付きの植木鉢があったらどうだろう。そしてそれがスマートフォンから遠隔操作できるとしたら? そんな夢の植木鉢が Greenopia だ。

バンガロール拠点のスタートアップ Greenopia が開発したこの都市型ガーデニング製品は、Wishberry のクラウドファンディングで目標額を達成したことを本日発表した。Greenopia は45日間で目標額を超える95万8500インドルピー(1万5000米ドル)の資金を集めることに成功した。

同社は6ヶ国117の投資家によって支えられている。支援者の中には、カナダ人作家 Margaret Atwood 氏、デザイン人類学の教授 Dori Tunstall 氏、ユーザエクスペリエンスデザイナー Diana Greenberg 氏、有能なエンジェル投資家で Google India のトップ Rajan Anandan 氏、そしてシンクタンクiSPIRTの共同設立者Sharad Sharma氏がいる。

Greenopiaが開発したのは都市でガーデニングをするための、インターネットに対応した言わばスマート植木鉢だ。このGreenopiaと呼ばれる植木鉢にはセンサーがついており、土の状態が適切かどうか、中の植物がしおれていないかを教えてくれる。すべての情報はモバイルアプリからどこでもアクセスすることができ、利用者は植物をモニタリングすることができる。

このアプリは専属ガーデニングアシスタントのように機能し、植物を元気な状態に保つための方法を提案してくれます。ユーザがプラットフォーム上で写真や出来事を他のユーザと共有できるようなコミュニティ機能もあります。また、この植木鉢は自動的に水をあげる植木鉢でもあるのです。

こう語るのはGreenopia の共同設立者で研究リーダー、Mayukhini Pande 氏だ。

greenopia-strawberry

しかしながら、Greenopia にとって資金調達は簡単ではなかった。インドの若者グループが、忙しい都市生活に合わせてカスタマイズされたテクノロジーベースのガーデニング製品を開発するという約束を果たせるかという疑念を払拭せねばならなかったのだ。Pande 氏は、Greenopia のアーリーアダプターがこの認識を変えると信じていた。

そして、特にインドではクラウドファンディングはかなり新しいコンセプトでした。サイト上の技術的な問題やクラウドファンディングプラットフォームの支払い方法は苦痛でした。調達した資金はスマート植木鉢の製造、モバイルアプリケーションの開発に活用し、当社投資家の皆さんに製品をお届けします。(Pande氏)

Greenopi aは近い将来さらなる資金調達も視野に入れているが、現在は今回のクラウドファンディングで約束したことを実現することに集中している。

Greenopia の競合について彼女は、「Parrot Flower Power などガーデニング分野では多数のIoT製品があります。Greenopia はユーザエクスペリエンスの点で、それらとは異なります。また、デザインの良い容器とモバイルアプリケーションを組み合わせ、ガーデニングにおいて最も重要な点に対処する完全なキットを作っているという点において一線を画しています」と語った。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】