具体的な用途不明、世界最小ポケットサイズドローン「WALLET DRONE」登場

SHARE:

20150513_drone

世界最小、ポケットに入るサイズの「WALLET DRONE」が登場、現在INDIEGOGOでクラウドファンディングを実施中。

WALLET DRONEは幅4センチの超小型ドローンで、ドローンを気軽に持ち歩きたい人のために開発されたそうだ。文字通りウォレットサイズの専用ケースが付属し、乾電池4本が収納可能、ドローンを充電したまま持ち歩くことができる。20分の充電で飛行時間は5分ほどで、ケースはそのままリモコンになる。

20150513_drone2

20150513_drone3

ちなみにドローン的な機能(自動飛行機能やカメラを搭載しているなど)はなく、単に手軽に持ち歩いて飛ばして遊ぶ以外に使い道は特に無い。

じゃあ、ただの小型ラジコンじゃないかという指摘はもっともだが、40ドル(約4700円)というおもちゃ価格で入手可能なので、「まあ良いか」いう気持ちにもなる。カラーは、「グリーン」「イエロー」「オレンジ」「ブルー」の4色で、出荷は2015年7月頃となる予定。

記事執筆時点で目標額の3倍を上回る金額を集めているので、シンプルな小型ラジコンの需要もあるのかもしれない。