写真家が他人のInstagram写真をキャプチャして拡大したものを展示し、それが一枚9万ドルで売れている

SHARE:
image via. Flickr
image via. Flickr

<Pick Up> A reminder that your Instagram photos aren’t really yours: Someone else can sell them for $90,000

わたしたちが日々ネットに投稿している写真が、完全に消えることはない。それは世界中に公開されているもので、他人によって共有されるもの。また、現在の柔軟な著作権法に基づけば、それを第三者が販売することすらできてしまう。

The Washington Postの記事によると、画家で写真家のRichard Prince氏がまさにそれを実施中。ニューヨークのFrieze Art Fairで、投稿者に事前連絡も許諾もなしに彼らのInstagram上の写真をキャプチャ。それを拡大してプリントしたものを展示しているそう。

展示された写真には、女性が色っぽいポーズをとっているものが多く、一枚90,000ドルの写真はほぼ完売。

本件について、Instagram側はプラットフォーム上で自分の著作権が侵害されたなら対処できるとコメント。ただ、今回のようにプラットフォームの外のオフラインで起こることについては個々人の判断だと。以下は、自分の写真のキャプチャを勝手に使われた女性の反応。訴える気はない、とのこと。

Doe Deereさん(@doedeere)が投稿した写真

----------[AD]----------