スマホやタブレットにおけるネット購入は女性より男性の方が御用達?eコマースに関するBIの調査結果

SHARE:
image via. Flickr
image via. Flickr

<Pick Up> The e-commerce demographics report: men are actually more likely to shop on mobile than women

世の中の消費行動の多くを女性が占めている。と、これまで一般的にそう言われて来たけれど、モバイルに関してはそうでもないことを指し示す調査結果をBI Intelligenceが発表しました。米国のオンラインとモバイル購入者を性別、年齢、収入、最終学歴などで分けて、買い物したものや行動を調べたもの。

女性は、家庭における支出の80〜85%の決定権を持つと言われるけれど、ECサイトにおける支出に関しては、男性も女性と変わらないそう。また、男性はモバイルデバイスの方が購入に至る確立が高い。昨年スマホで何かしらを購入した割合は、男性が全体の22%に対して女性は18%。

また、18歳から34歳の男性のうち、すべての買い物をオンラインで済ませたいと回答したのは全体の40%。女性は33%に留まった。さらに、43%の男性がeBayのようなネットオークションを利用すると回答したのに対して、女性は31%だった。

ティーンエイジャーの男女においても、オンラインで買い物をする男の子が86%だったのに対して、女の子は76%。女性にとって、買い物は女友達と一緒に楽しむアクティビティのようなもの。男性は、女性に比べて効率を重視して買い物をする傾向があるから、オンラインとの相性がいいのはその通りなのかも。

via. Business Insider