複数のBluetooth機器を1台で、直感的に操作できるリモコン「Nuimo」

by Kazuyuki Abe Kazuyuki Abe on 2015.6.6

Nuimo

1台で様々な機器を操作をすることができるリモコンNuimoがKickstarterに登場している。目標金額の5万5000ユーロを突破、終了まで二週間を残して17万ユーロもの資金を集める人気だ。開発は、ベルリンにあるスタートアップ「Senic」。

Nuimo

このNuimoは、ディスク型で直径78mm、高さ19mmとコンパクトなワイヤレスコントローラーだ。SonosやPhilips Hueをはじめ、スマートフォン、音楽プレイヤー、鍵、照明、その他、30以上のデバイス、アプリケーションを操作可能だという。

Nuimo
光センサー、360度タッチセンサーを搭載し、ハンドジェスチャー認識機能を備えており、「本体をタップ」、「リングを回す」、「表面をスワイプ」、「上部に手をかざして動かす」など、直感的でシンプルな操作ができるのが特徴的だ。「リングを回す」動作で音楽のボリュームを調整したり、照明の明るさを調整したり、といった具合だ。

Nuimo

セットアップは、スマートフォンまたはコンピューターから行う。セットアップした複数の機器は、表面をタップしてスワイプすれば切り替えることができるようだ。

Nuimo

11×11のドットLEDが搭載されており、アイコン等が表示されるのも直感的に操作しやすそうだ。シンプルでミニマルなデザインを魅力的に感じる人も多いだろう。

予定小売価格は199ユーロで、Kickstarterのプロジェクトでは現在129ユーロの支援からNuimo一台を手に入れることができる。(89ユーロ、109ユーロのプランはすでに予定数終了。)日本への発送は別途20ユーロの送料が必要となる。発送は2015年の10月頃を予定とのことだ。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------