一流旅館宿泊予約の「relux」が中華圏の旅行代理店と業務提携、旅館施設の検索・予約サービスを提供開始

SHARE:

relux-toppage

一流旅館・ホテルのみを厳選した会員制の宿泊予約サービス「relux」。会員数は15万人以上、掲載施設数は600軒を超えています。今年3月には上海にオフィスを開設し、現地の旅行代理店と提携。またreluxのグローバルサイトは、中国語や英語など10カ国語への対応しています。

そんな海外展開に積極的なreluxが新たに発表したのが、新サービス「reluxグローバルプラットフォーム」です。中国・台湾の旅行代理店に向けて提供されるもので、同地域の旅行代理店13社と業務提携することで実現しています。

提携先旅行代理店は、リアルタイムでの空室や料金情報の収集、予約などを行うことができます。繁体字 / 簡体字 / 英語に対応するreluxグローバルプラットフォームの利用料は無料。reluxから現地の旅行代理店へは、旅行金額から5%を還元される仕組みです。

訪日外国人の数が年間1,000万人を突破し、外客誘致目標は2020年には2,000万人、2030年には年間3,000万人が目標に掲げられています。特に中国から日本への出国者数は、円安やビザ緩和などの影響で2015年4月までに年間132万人に到達しているとのこと。

今年秋には羽田空港発着の中国便が2.5倍に増便されることなどからも、reluxは今後も急激に増す中国からの訪日旅行ニーズに応えていく予定です。また、中国のみならず、年内には香港、韓国、インドネシア、タイ、ベトナムなどへの事業進出も随時検討していくとのことです。

----------[AD]----------