社員が自由にリアルな講座を選べるようにーーストリートアカデミーが法人向け教育サービス「ストアカ for Biz」をリリース

by Junya Mori Junya Mori on 2015.6.18

street academy for biz

対面グループ形式で講座を開きスキルを共有するまなびのマーケットプレイスサイトを運営するストリートアカデミーが、法人向け教育サービス「ストリートアカデミー for Biz」をリリースした

同社は法人向けのサービスとして、2014年10月に法人向け講師派遣サービス「オフィスク」を開始している。今回新たにリリースした「ストリートアカデミー for Biz」は、法人・団体単位が契約し、事前購入したポイントで社員がスキルアップしたいジャンルの講座を自由に受けられるというもの。

「ストリートアカデミー for Biz」は従来の研修とは異なり、学びたいものを社員が選ぶことで企業の組織を活性化しようという試み。会社が社員に学んでもらいたい講座をレコメンドする機能も搭載されており、会社側で社員の受講状況をモニタリングできる管理機能もついている。

すでに、ラクスル、LiB、ガイアックス、iettyといったスタートアップから、NECなどの大手企業も含めて10社の導入が決まっている。法人向けに定額で教育サービスを提供する動きはスクーも今年の3月からスタートしている

こうした状況に関して、ストリートアカデミー代表取締役社長の藤本 崇氏は、

藤本氏「今後、企業の研修はオンラインかオフラインかで分かれていくと考えています。刺激やモチベーションが社員のアウトプットを左右するので、リアルな場で参加意欲を高めることが重要であり、それができるのがストリートアカデミーの強みだと思ってます」

とコメントしている。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------