「10年以上フリーランスを続けたい」が全体の3分の2ーーContenlyがフリーランスで働く人の本音を調査

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2015.6.27

Contentlyの公式サイトから
Contentlyの公式サイトから

<Pick Up> Contently Study: The state of freelancing in 2015

世界中で、フリーランスという働き方を選ぶ人たちが増えています。個人に外注するのはちょっと…なんて言っていた時代は過去のもの。フリーランスとより上手く付き合うために、企業のコンテンツ作りを支援する「Contently」が彼らに対して調査を実施したそう。

今回のアンケートに回答したのは、総勢643人のフリーランサー。全体の82%が何かしら書く仕事に携わるライターで、残りはカメラマンやイラストレーターなどなど様々。主なポイントはこんな感じ。

  • 回答者の3分の2は、フリーランスという働き方を10年以上の長期間続ける予定だと回答
  • 65%が、過去1年間でフリーランスとしての生活がより良くなったと回答
  • この先10年間でフリーランシングは困難を増すとも回答したのが35%
  • もし、労働組合に加入することが合法でフリーランス向けのそれがあれば、68%が興味があると回答
  • 自分が専門とする仕事が企業のフルタイム職としてあった場合、3分の2が検討する・受けると回答
  • 全回答者の収入の平均は、約1万〜2万ドル。(1ドル100円計算で100万〜200万円)
  • 昨年の収入が5万ドル(約500万円)を超えた人は全体の19%強

フリーランスというと、働く時間や場所の自由というメリットがある一方で、当然フリーランスならではの悩みも。冒頭のグラフがまさにそれ。日々直面する最大のチャレンジは?という設問に対しては、「十分な仕事を確保すること」が約34%、次いで多いのが26%の「時間の管理」、「キャッシュフロー」が13.7%など。

自分の周囲にもフリーランスの友だちがいたりして、より身近な働き方の一つになりつつあるフリーランス。酸いも甘いも知る現役フリーランサーの回答に目を通しておくといいかもしれません。

via. Contently

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------