「話を聞きたい」ボタンを企業サイトに設置ーー仕事のインフラ化を目指すWantedlyが発表した3つのキーワード #wantedly_award

by Junya Mori Junya Mori on 2015.6.19

ウォンテッドリー代表取締役CEO 仲 暁子氏
ウォンテッドリー代表取締役CEO 仲 暁子氏

先日、日本経済新聞との資本業務提携を結んだウォンテッドリーが、本日「Wantedly Award」を開催した。同イベントは採用に関するプロフェッショナルによるトークイベントや基調講演に加えて、ウォンテッドリーのビジョンや今後の展開についても語られた。

ウォンテッドリー代表取締役CEOの仲 暁子氏は、事業戦略の説明において「働くすべての人のインフラを目指します」とウォンテッドリーの今後の展開についてコメント。

インフラ化するというのは、一体どういうことを指すのか。インフラ化に向けて、仲氏の口からは「オープン」「コネクト」「クリエイト」の3つの軸が語られた。

オープン

まず「オープン」については、外部サービスとの連携を挙げ、第一弾としてAPIの解放を発表した。開始のタイミングに提携するパートナーとして発表されたのは、サイバーエージェント、Yahoo!、DeNA、クックパッドの4社。

これらの企業の採用ページに、「話を聞きに行きたいボタン」「会社フィードボックス」が追加される。これらの機能によって、Wantedly上で可能になっていたアクションを、各企業の採用ページ上で行うことが可能になる。

今後、外部パートナーは増やしていく予定だという。この機能はウェブ版から提供を開始し、順次モバイルにも対応していくという。

コネクト

「コネクト」に関して挙げられたのは、今年の4月にリリースされた「Sync」だ。同機能のリリース時における取材でも仲氏が語っていたことだが、今後、Wantedlyは仕事のマッチングだけではなく、人と人のつながりの整理と活用の面も強化していく。

関連記事

クリエイト

「オープン」、「コネクト」ときて、最後に挙げられたのが「クリエイト」だ。オープン化し、つながりを強化したWantedlyというサービスをどう活用していけばいいのだろうか。

仲氏「Wantedlyでつながり、ここで生まれたつながりで何か新しいものが生まれるような「創造のSNS」にしていきたいと考えています。今年の夏には新しくWantedly上でつながった人が、一緒にプロジェクトを始められるようにするためのコラボレーションツールを提供する予定です」

ウォンテッドリーの軸は創業時の「シゴトでココロオドル人を増やす」というビジョンから変わらない。今後は、仕事にやりがいを感じられる人をさらに増やすため、仕事に関するインフラとなるべくサービスを展開していく。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------