複数のスマートデバイスの機能を1個に集約したカプセル「AllBe1」

SHARE:

AllBe1

セキュリティやトラッキング用途などの、様々なセンサーデバイスが登場しているが、たった1個のカプセルでこれらの機能を担う「AllBe1」というデバイスが開発されている。現在、IndieGoGoにて目標額5万ドルの資金調達キャンペーンを展開中だ。

002
「AllBe1」は、小型の携帯ブザーのような見た目をしているが、温度センサー、加速度センサー、UVセンサー、光センサー、赤外線センサーといった複数のセンサーがこの1つのカプセルに集約されたスマートデバイスだ。

AllBe1

Bluetooth LEに対応し、スマートフォンアプリ(iOS/Android)と連携し、色々な機能をもつデバイスとして使用できる。

AllBe1
壁に取り付ければ、不審者の侵入を検知してアラームを発するホームセキュリティとして使用できるし、パソコンなどに貼り付けて位置をトラッキングし紛失時に発見しやすくしたり、運動時に身につけてフィットネストラッカーとして利用することも可能だという。

その他、紫外線モニターやスマートフォンのロック、引き出しのセキュリティなど複数の機能を持つが、これらの機能は同時に使えるわけではなく、アプリで機能を切り替えて利用する模様だ。SDKを公開する予定らしいので、搭載された各種センサー群を利用した新しいアプリを開発することもできる。

大きさは42mm × 31.7mm x 10mm、重量は15gとコンパクトで持ち運びが用意なサイズだ。何個か手に入れてそれぞれ別々の機能を割り当てても良いし、1個を持ち運んで、家ではホームセキュリティ、外ではフィットネストラッキングなどと機能を切り替えながら使うのも良さそうだ。ちなみに、本体内蔵のバッテリーはmicroUSB端子から充電ができる。約二時間でフル充電され、通常の使用では約2ヶ月動作するという。

AllBe1

現在、IndieGoGoでは45ドル以上の支援から「AllBe1」1個と3つのアクセサリ(スタンド、クリップ、ネックレス)が同梱されたセットを入手することができる。開発が滞り無く進んだ場合、2015年の12月に発送開始となる予定だ。

----------[AD]----------