Facebook社が開発した匿名チャットサービスRoomsのUIがアップデート

SHARE:

Rooms

<ピックアップ>Remember Facebook’s Rooms app? It just got a big update

あまり多くの人は知らないかもしれませんが、Facebook社はFacebook以外のアプリも開発しています。その一つが、「Rooms」という匿名チャットアプリです。2014年10月にリリースした同サービスは、匿名でテーマ別の“部屋”を作り、招待した仲間とディスカッションできるモバイルアプリです。

RoomsはFacebookとは別物のためFacebookとはリンクしておらず、部屋毎に設定したユーザ名を使ってテキストや写真、動画を投稿することができます。Facebook社としても実験的に開発した同アプリですが、最近大きなアップデートしたようです。

アップデートによって、写真や動画に対してコメントがオーバーレイしている形で投稿できたり、UI自体が大幅に変わりユーザは起動後すぐに投稿できるようなデザイン印なっています。

このアプリ自体は、Facebook社が以前に買収したソーシャルサービスBranchのCEOがFacebook Creative Labsで開発したものとされており、Facebookとしても実名制をもとに活動するFacebookとは違った確度から、SNSやユーザコミュニケーションを活発化させる場を模索していることが伺えます。米国発の匿名サービスとしてブレイクスルーするのか、注目です。

via TNW