お風呂で運動しデータを記録できるデバイスが登場ーー横浜市とMakuakeの連携がきっかけに

SHARE:

makuake

クラウドファンディングサイト「Makuake」に新しいプロダクトが登場しました。「furost」は、お風呂の中で運動し、そのデータをアプリで記録できるというもの。



開発するのは、コレッドというものづくりベンチャーで、ヨーロッパのジムで人気のある水中フィットネスバイクを、日本のお風呂で簡単に再現できないか、という発想から今回のプロダクトは生まれました。

コレッドは横浜で創業したベンチャー。以前、本誌でも記事にした横浜市とMakuakeによる連携がきっかけとなり、Makuakeでプロジェクトを掲載することになったそうです。

関連記事

今回、コレッドがクラウドファンディングで集めた資金は、量産時の金型費用の一部として使用されます。

クラウドファンディングと地方の行政との連携は進んできました。今回の事例のように、その連携をきっかけに生まれてくるプロジェクトが増えていくことが期待されます。