キャリア女性向け転職サイト「LiBz CAREER」がクラウドワークスなど5社から総額2.7億円を資金調達

SHARE:
LiBz-CAREER-website
キャリア女性に特化した会員制転職サイト「LiBz CAREER」

キャリア女性に特化した会員制転職サイト「LiBz CAREER(リブズキャリア)」を運営するLiBが、新たに第三者割当増資を実施したことを発表しました。2014年7月の7,000万円に続く今回の調達金額は、総額2億7千万円。引受先は、リンクアンドモチベーション、クラウドワークス、サイバーエージェント・ベンチャーズ、日本ベンチャーキャピタル、ニッセイ・キャピタルの5社です。

さまざまなライフイベントを重ねて迎える女性が、その時々に応じて自由にキャリアを選択し活躍できる社会の創出を目指すLiB。2014年5月13日にオープンした転職サイト「LiBz CAREER」は、キャリア女性に特化した転職プラットフォームとして成長してきました。同プラットフォームの会員数は、今月末には約24,000名に到達する見込みです。

また、リンクアンドモチベーション、クラウドワークスとの資本業務提携による新たな動きも。まず、「モチベーション」を切り口にしたコンサルティング会社リンクアンドモチベーションとは、共同で女性のワークモチベーションを診断する独自のサーベイを開発する予定。その結果に基づいて、採用、研修、制度設計といった具体的な改善プランを含む企業変革のサポートを共同開発していきます。

クラウドワークスとは、 まずはLiBz CAREERのサイトからクラウドワークス上の案件への導線を用意する形で連携。少しずつ増えつつあるリモートワークという働き方を一つの形として提案し、関心がある女性に対して提案していきます。クラウドワークスで案件を受けると、クライアントからの評価フィードバックを含む実績が、LiBz CAREER内のキャリアレジュメに残る仕組みです。

社員としてオフィスで働く形と、リモートワークという形。女性の人生のその時々の状況に応じて、どちらも選択肢として欲しいもの。子育てにコミットしたい期間は、在宅でできる仕事をこなし、子育てが一段落したらオフィス勤務に復帰する。クラウドワークスとLiBz CAREERが連携することで、働き続けたい女性のそばに常にそうした選択肢がある未来が実現するかもしれません。

----------[AD]----------