7月22日Mixer Tokyo予告:家入一真氏の不思議な仲間づくりとその方法

SHARE:

IMGP1945

今月末に迫ってまいりましたTHE BRIDGEの会員制ミートアップ「Mixer Tokyo」ですが、今回からプログラムにトークセッションを入れることにしました。登壇してくれるのは起業家の家入一真氏、鶴岡裕太氏、古川健介氏のお三方です。

魅力的な人材が集まる家入一真氏

スタートアップにとって最も大切なことは何か?と聞かれたらまず間違いなく私は「チーム」と答えると思います。

確かにスマートフォンやドローンのようなハードウェア、クーポンやフリマアプリ、オンデマンド・フードデリバリなどのサービスアイデアで物事は動いているように見えるはずです。しかし、これらのアイデアやモノはコピーが可能なものが多く、またインターネット的なビジネスではそれがスピードに繋がることから、さらにその傾向は加速しているように感じています。

ただ、それを操る人は違います。このユニークな存在こそがスタートアップの根源であり、AとBというまるで同じようなアイデアを分岐させる理由になるものなのです。

家入氏はそういう意味で非常にユニークな存在です。

彼はご存知の通り、最初にレンタル・サーバーの事業を立ち上げ、その後、飲食店やクラウドファンディング、シェアスペースにインスタントなコマース、更には選挙まで幅広く事業、活動を続けていくわけですが、その時々に彼の横にいる「パートナー」の存在に気が付いている方も多いでしょう。

IMGP1990

決して経営者と技術者、投資家と起業家のような分かりやすい関係でもなく、また、上下も左右もない、とても不思議なペアになった時、家入氏とパートナーの周りには、更に個性的なメンバーが集まり、いつしかチームとなってプロジェクトを強力に推進するようになるのです。

プロジェクトが進むと、彼はまた次の何かを探してふっと消えたりします。

7月22日のイベントでは、彼のパートナーの一人、インスタントコマースを世に広めたBASE代表取締役の鶴岡裕太氏にも参加いただき、彼の不思議な魅力と、実際のチームビルディングでどのようなことが発生していたのか、お金のこと、管理のことなど少し具体的な内容まで踏み込んでお聞きしたいと思います。

また、家入氏は現在、新プロジェクトとなる「キメラ」の準備も着々と進めています。実はこちらにも新しいパートナーの存在があります。その辺りも直接ご本人にお聞きする予定です。

次回の予告ではもうお一人の登壇者、nanapi代表取締役の古川健介氏についてお伝えします。

----------[AD]----------