キーホルダー型の世界最小ウェザーステーション「Weather Point 2.0」

SHARE:

20150708_wehter01

キーホルダー型の気象観測を行う世界最小ウェザーステーション「Weather Point 2.0」がKickstarterに登場した。

個人でもいつでもどこでも簡単に現在地の正確な天気を調べられたら…という思いが開発コンセプト。気温、湿度、気圧、紫外線を計測するセンサーが搭載され、スマートフォンのイヤホンジャックに挿すだけで、気圧の状態から現在地の天気を予測して、スマートフォンの画面に表示してくれる。

20150708_wehter02

使用するときは、カバーを外しイヤホンプラグをスマートフォンに差し込んで、専用のアプリから、現在地の天気、気温、気圧、紫外線指数、湿度を表示してくれる。防水仕様、電池は不要で、使用するのに Wi-Fi も用いない。

Weather Point 2.0は、2015年7月24日まで Kickstarter でクラウドファンディング中で、すでに目標金額を大幅に達成済みで製品化はほぼ確実に実現しそうだ。19ドル(約2,400円)で、プラスチック製の Weather Point 2.0 を1つ、29ドル(約3,500円)でアルミニウム製の Weather Point 2.0を入手でき、出荷は2015年10月を予定している。

----------[AD]----------