アプリと連動する折りたたみ式スマート電動式自転車「CMYK4.0」登場

SHARE:

20150814_cmyk

折りたたみ式スマート電動アシスト自転車「CMYK4.0」がIndiegogoに登場、大きな話題を呼んでいる。

折りたたみ式でコンパクトに畳めるため、車に積んだり電車の中に持ち込むことも可能、また電動アシスト式だからちょっとした移動や坂道を登るのも楽に、さらにスマートフォンと連動したナビゲーション機能や自動ロック機能を備え、1台何役もこなす。

20150814_opal4

CMYK4.0には25Wの電動モーターが内蔵され、1度の充電で48kmの距離を電動アシストで走行可能。

アメリカとEUの法律に基づき 最大速度は時速25kmまでとなっている。また重量は12Kgと軽量に作られているため、電車の中に持ち込めるサイズと重さを実現、ハンドルバーは一回の動作で下げることができ、サドルも簡単に低くできる。

20150814_cmyk2

また、バッテリーを利用してiPhone等のスマートフォンも充電することができる。

20150814_opal3

専用のスマートフォンアプリでは、道路状況を確認し適切なルートをナビゲーションしてくれたり、平均走行速度や走行距離、心拍数や消費カロリーを記録することができる。

またBluetoothを利用してタイヤのロックをかけることができ、イモビライザーも搭載、誰かが自転車を勝手に移動させようとするとスマートフォンに通知してくれる。

現在、Indiegogoでクラウドファンディング中で、599ドル(約74000円)で1台入手可能、出荷は2016年3月を予定している。カラーはシアン、マゼンダ、イエロー、ブラックの4色で、その名の通りCMYKで展開されている。



----------[AD]----------