商用ドローンの画像解析を行うHUVRが200万ドル調達ほかーーエンタープライズ系話題5選 

SHARE:

編集部注:「要チェック!エンタープライズ系話題5選」は海外エンタープライズ系テクノロジーの話題をまとめた連載。本誌でも執筆中の「インプットをアウトプットするブログ」ブロガーで、B2Bスタートアップ・インキュベーション「archetype」所属の鈴木大貴氏がセレクトしたニュースをお送りします。

モバイルユーザーのエンゲージメントを高めるLeanplumが1160万ドル調達

Leanplum_-_Mobile_A_B_Testing__Mobile_Marketing_Automation__Push_Notifications__Lifecycle_Marketing

モバイルアプリに特化したマーケティングオートメーションツールを開発するLeanplumがKPCBなどからシリーズBで1,160万ドルを調達しました。Leanplumはユーザーの行動に合わせてパーソナライズされたPUSH通知やコーディングとプラットフォームへの申請不要でUIが変更できるA/Bテスト機能などを開発者やマーケター向けに提供している2012年創業のスタートアップ。

小売大手のTescoなどをユーザー企業に抱え、年間5倍ペースで事業が拡大しているとのこと。競合サービスであるTaplyticsやOptimizelyも順調に成長していることから市場自体に伸びを感じます。

参考記事:Mobile Lifecycle Marketing Firm Leanplum Raises A $11.6M Series B Round Led By Kleiner Perkins

アウトバウンドのコールセンターをオンデマンドで立ち上げられるVOIQ

VOIQ_-_On-Demand_Callforce

非調達ニュースですが興味深いサービスなのでピックアップ。新規営業における手段として「電話」は一定の効果を持ち続けていますが、アウトバウンドの架電部隊を内製するのは大きなコストが掛かるもの。NYのアクセラレータであるEntrepreneurs Roundtable Accelerator出身のVOIQは中小企業がアウトバウンドのコールセンターをオンデマンドで立ち上げられるサービスを提供しています。

ユーザー企業はVOIQで自社のCRMを接続、TELスクリプトをアップロードしマーケティングキャンペーンを作成すると「エージェント」と呼ばれるオンデマンドワーカーに仕事が振られていきます。彼らがリストに基づき一斉に電話を掛けその成果もリアルタイムで確認可能。エージェントはコールセンターで勤務経験がある人で構成されており、1時間あたり10-20ドルの報酬が得られるとのこと。ユーザー企業は1分あたり0.69 〜0.89ドルをVOIQに支払うことでサービスを利用可能で現在はY Combinatorの夏期バッジに参加中のようです。

参考記事:VOIQ’s ‘Uber for telemarketing’ lets companies create on-demand call centers

イベントの効果を最大化するDoubledutchが4,500万ドル調達

Mobile_Apps_for_Events_and_Conferences_by_DoubleDutch

イベント管理ソリューションを開発するDoubledutchがシリーズEでKKRなどから4,500万ドルを調達しました。Doubledutchは、イベントの来場者がコンテンツを確認したり参加者とネットワーキングができるコミュニケーション機能、満足度のアンケートと集計等ができるアプリを展示会や大規模イベントを開催する企業向けに提供しています。

Doubledutchを導入することでイベント参加者へのアプローチ精度が高まったり、終了後イベントのデータを分析することで以降のイベントの満足度を上げることが可能とのこと。ゲーミフィケーションを活用し来場者にスポンサーとの接点を強化できる機能も入っており、SAP、CISCO、XEROXといった大手企業がサービスを利用しています。

参考記事:Events Performance Monitor DoubleDutch Raises $45 Million In Series E Funding

フリーランサーの報酬支払を管理するPayableが210万ドルを調達

Payable

クラウドソーシングやオンデマンドビジネスの登場で働き方が多用になりつつありますが、フリーランサーやパートタイム社員を集めプロジェクトを進める業態向けに報酬支払を管理するPayableが210万ドルを調達しました。

時間や成果物など、フリーランサーへの報酬支払い条件に応じてフィーを計算、支払いやフリーランスの所得申告に必要なデータ作成をひとりあたり月額8ドル、5人以上定額の月額25ドルでサービスを提供しています。PayableはY Combinatorの2014年夏期バッジ出身で、会計システム大手のIntuit出身のチームにより創業されています。

参考記事:Payable Raises $2.1M To Build A Payments Platform For Contractor-Based Businesses

商用ドローンの画像解析を行うHUVRが200万ドル調達

特定産業向けにドローンの画像解析サービスを提供するHUVRが200万ドルを調達しました。HUVRは発電施設向けに風力発電機やソーラーパネルの点検、エネルギー業界向けにパイプラインの異常監視や環境アセスメント、大規模農場向けには土壌の水分や農場の状態監視をドローンが撮影する画像を解析することで行うサービスに加えレポートが確認クラウドサービスを提供しています。同様のサービスを提供するSmartvid.ioも今月頭に調達しておりドローン業界のエコシステムはますます広がりを見せそうです。

参考記事:Austin’s HUVR Raises $2M to Deploy Drones to Industrial Sites

----------[AD]----------