東南アジアのタクシー配車アプリ「GrabTaxi」が4億ドルを資金調達

SHARE:

GrabTaxi

<ピックアップ>GrabTaxi raises $400M round led by China’s sovereign wealth fund

e27が今年の7月に、東南アジアのタクシー配車アプリ「GrabTaxi」が資金調達に向けて動いていることを報じていました

その際は、次のラウンドで2億ドルの新たな資金を獲得すると見られていましたが、Wall Street Journalが報じたところによると、どうやら同社は4億ドルの資金調達を実施したようです。このラウンドをリードしたのは、中国のsovereign wealth fund。

GrabTaxiは、タクシー配車のアプリに加えて、オートバイを使ったタクシーサービス「GrabBike」を、ハノイ、ホーチミン、ジャカルタでローンチしています。東南アジアではバイクタクシーも多いので、このあたりへの対応がUber等競合サービスとの差別化になりそうです。

via Tech in Asia

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録