「変化に流動性を持たせる」など、ボスコン役員が語る変化の時に最良のマネージャーが実践する5つのこと

SHARE:
image via. Flickr
image via. Flickr

<ピックアップ> Boston Consulting Group executive says the best managers practice these 5 habits

優秀なマネージャーが習慣にしていることについて書かれが記事をピックアップしてみました。

楽天の三木谷社長が掲げるというビジネスルールの紹介から始まる記事。“3”または“10”がつく数値に到達すると(例えば従業員が30人、100人、300人になる)、ミーティングの仕方、チーム間のコミュニケーションなどそれまでのインフラストラクチャーを置き換えるというもの。でも肝心なのは、そうした変化の最中でチームを引っ張って行く力。

Boston Consulting Groupのシニア・パートナーであるPerry Keenan氏が、約30年間にわたって見て来た「最良のマネージャー」が持つ共通点。例えば、それは、個人のふるまいに応じてイニシアチブを設定すること。マネージャーの仕事の一つは、メンバーの性格や責任をきちんと理解することにこそある。そうすることでメンバーのゴールやワークフローを見定め、個々人のゴール達成を後押しできるから。

もう一つは、変化に流動性を持たせること。最良のリーダーは、新しいイニシアチブを発表する度に従業員にショックを与えることはしない。むしろ、その変化を組織のDNAの一部にしてみせる。大企業では、これを実現するために専門会社のアドバイスを受け、マネージャーが適切なメトリクスで変化を分析することを可能にしているとか。

残りは、元記事でご覧ください。

via. Business Insider

----------[AD]----------