安全で快適なサイクリング生活を提供するスマートヘルメット「LIVALL」

SHARE:

zqvuytwfgiywyqdzubma

サイクリング時に被るヘルメットは、運転者の頭部を守るためにとても重要なものだ。そんなヘルメットをスマートガジェット化するとどうなるのか?

その答えのひとつが、この「LIVALL」だろう。風防マイクとBluetoothスピーカーおよびLED、さらに3軸Gセンサーを搭載したこのスマートヘルメットは、Indiegogoにてたった10日間で目標額の5倍を達成するという、大変に注目度の高い製品だ。

LIVALLの持つ機能は大きく分けて4つある。ひとつは走行中の通話機能だ。連携したスマートフォンへの着信を、手元のリモコンとヘルメットで受け、走行しながらの通話が可能だ。また、その他の状況ではスマートフォンに入っている音楽を再生することも可能となっている。

2つ目はSOS発信機能だ。3軸Gセンサーが衝撃を感知すると、スマートフォンを通じて事前に設定してある緊急連作先へとSOSの連絡が届くようになっている。その際には、ヘルメットに搭載されたLEDも点滅し、自動で周囲にも助けを求めるようになっている。

muefmhhciirswsnpzgze

3つ目はそのLEDによる視認性の向上と、ウインカー機能だ。暗い道であったとしても、ヘルメットに搭載されたLEDが前後左右に自身の存在を伝えてくれる。またリモコンを使うことでLEDをウインカーにすることができるため、都市部における右左折においても安全性を高めることができる。

最後に紹介するのが、ケイデンスセンサーを用いた活動量の記録だ。これにより、速度や走行距離、消費カロリーを計測することが出来、さらにオプションデバイスを使うことで、高度や心拍数の計測も可能となっている。

ちなみにリモコンからスマートフォンを操作することで、写真や動画を撮ることが出来るおまけ機能もついているそうだ。

rji0ccv82j9xlxelrqmv

サイズについてはMサイズとLサイズを用意。どちらかを選ぶこととなるようだ。

気になる出荷日と小売価格だが、ヘルメットとリモコン、ケイデンスセンサーの同梱されたベーシックパックが、277ドルで2015年10月出荷の予定となっている。

----------[AD]----------