専用タッチパネルデバイスでカメラやスマート電球などの制御が可能となるスマートホーム「Oomi」

SHARE:

oomi-p-touch3-screen

専用タッチパネルデバイスで制御可能、カメラや電球といったオリジナルアクセサリーも用意されているスマートホームシステム「Oomi」が開発中だ。クラウドファンディングサービスIndiegogoで支援を募集。目標額を大幅に上回る170万ドル以上もの出資を集め、プロジェクトは成功となっている。

ykcgk7by0u8jg5dchfvr

「Oomi」は、タッチパネル式のデバイス「Oomi Touch」と専用アクセサリーの組み合わせからなるスマートホームシステム。アクセサリのひとつ「Oomi Cube」はハブ的機能を有しており、8つの環境センサや暗視カメラなどを搭載している。光センサを利用して、暗くなったら自動的に照明をつける、といった動作も可能。また、Oomi Touchを一度かざすだけで、Oomi Touch上でOomi Cubeの制御、管理が出来るようになるという。

xfdfbfzephjqmhrldr3s

その他にも、全天候型で家の内外に設置可能な「Oomi Cam」や、スマート電球の「Oomi Bulb」、接続機器の電気使用量の監視などが可能なスマートプラグ「Oomi Plug」、任意の色で照らすことが出来る「Oomi Lighting Strip」、温度や湿度、モーションセンサーなどを搭載した「Oomi MultiSensor」、ドアや窓の開閉を感知する「Oomi Door and Window Sensor」、水漏れの感知も可能な「Oomi Water Sensor」などが用意されている。それぞれのアクセサリーについても、Oomi Touchをかざすことで、制御が可能になるとのこと。

imeve2uacuhfwuinzm4v

現在はIndiegogoでのキャンペーンは終了しているが、同サイト上で予約を受け付けている。Oomi Touch、Oomi Cube、4つのアクセサリーの組み合わせで、499ドルで入手可能となる予定。発送は2015年10月が予定されている。