Sassorが体の歪みを改善するベルト型デバイス「TANZEN(タンゼン)」を開発

by Junya Mori Junya Mori on 2015.9.20

イメージカット

ハードウェアやIoTプロダクトを開発するSassorが新たに、体の歪みを改善するベルト型デバイス「TANZEN(タンゼン)」を開発した。

「TANZEN」はバックル部分に埋め込まれたセンサーから身体の歪みを計測。計測したデータをSassorが持つ IoT データ分析エンジンで解析することにより、歪みを改善するためのサポート機能を提供する。

歪みを改善するための機能は、一日の歪みを可視化する「ゆがみチェッカー」、歪みが続くと注意してくれる「ゆがみアラート」、遊びながら体幹を鍛える「しせゲー」の3つ。

装着時

内部機構

「TANZEN」のサービスアイデアには、博報堂が協力している。現在はテストマーケティング段階のため販売は行っていない。今後、身体の歪みに関するデータに興味のある機関等と協業の可能性を模索しているという。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------