500 Startups、トルコのスタートアップ向けに1500万米ドルのファンドを設立

SHARE:
via Flickr by “A Health Blog“. Licensed under CC BY-SA 2.0.
via Flickr by “Joseph Kranak“. Licensed under CC BY-SA 2.0.

<ピックアップ> 500 Startups creates a $15M microfund to invest in Turkish startups

世界各地のスタートアップへの投資に力を入れている 500 Startupsだが、今回新たに1500万米ドルのファンドをトルコのスタートアップ向けに設立する。ここ最近、中東やイスラエル、日本など米国外での投資に力を入れている 500 Startups だが、新たに注力を入れるマーケットにトルコが含まれることが明らかになった。

ちなみに500 Startupsはトルコのスタートアップへの投資という点ではすでに実績があり、これまでの投資先にはオンラインコースプラットフォーム Udemy、匿名チャットアプリConnected2.me、マーケットプレイスへの販売者向け広告サービスBoostable、アプリストア最適化ツール Mobile Action、開発者コミュニティ Kodingなどが含まれる。

VentureBeatの記事によれば、500 Startupsは今後トルコの100のスタートアップに投資をする意欲があるという。投資の具体的なタイムラインは得に決まっておらず「数年かかるかもしれない」ともいうが、それだけ長期的な成長を視野に入れた上での決断といえる。

以前、「活気づくトルコのスタートアップシーン【2015年前半のレポート】」でもお伝えしたが、トルコのスタートアップはここ最近大きな成長を見せている。2015年前半の投資ラウンドの数は昨年と比較すると50パーセント増加、またアーリーステージのスタートアップに対する投資総額の増加率は200パーセントとのこと。今年に入ってから、最大の資金調達は決済サービス「Iyzico」の620万ドルであり、イスラム圏のファッションEコマース「Modanisa」の550万ドルの調達が後に続く。

今回新たに500 Startupsによるファンドが設立されるというニュースで、さらに世界の投資家の注目が集まりトルコのスタートアップシーンが活気づくことが期待される。

via. VentureBeat

----------[AD]----------