AngelListが、中国の三大プライベート・エクイティ企業CSCと共同で4億米ドルのシード投資ファンドを組成へ

SHARE:

angellist-csc-upshot_featuredimage

Uber を含めて全世界650のスタートアップに2億500万ドルを投資したオンライン投資プラットフォーム AngelList が、より大きな市場を狙っている。

最近、中国の3大私募投資専門会社である China Science & Merchants(CSC、中科招商)が、個人と共同投資のノウハウを保有している AngelList と共同で「CSC Upshot」という4億ドル規模の投資ファンドの組成を決定した。

これは、シードステージ・スタートアップを対象とした投資ファンドの中で最も大きな規模だ。一般的には、ファンドの規模が大きいほど、スタートアップが成長する可能性が大きいと専門家は述べている。

私たちの投資ファンドは、中国の有限責任投資組合員(LP)が世界的に投資することができるようにするために組成されており、また、中国のスタートアップがシードステージでも、世界に進出することができるようにすることを意図している。

AngelList創業者 の Naval Ravikant 氏はこのように説明している。一般的に中国では、シリーズDラウンドの投資を受けた企業が、世界市場に進出しているのとは、非常に対照的なコンセプトである。

<関連記事>

AngelList はこれまでにCSC がトップ50の投資家を選ぶのに協力し、すでに収益性の高い取引を成立された履歴があると伝えている。この2年間、AngelList は個人投資家の個人的なネットワークを利用して、より多くの投資を引き出す「シンジケートモデル」を開発してきた。 今日 AngelList は、165個のシンジケート方式の投資をする4,400人の投資家を保有している。

naval
Naval Ravikant 氏(撮影:池田将)

50人のトップの投資家と共に、CSC Upshot は AngelList のプラットフォーム上でディールを成立させるかどうかを投票で決定できる内部ツールを用意した。

Ravikant 氏は「投資された資金を適切に活用しなければ、市場をよくない方向に招きかねない」と懸念を示した。今年の第3四半期には、AngelList は企業価値が450万ドルから510万ドルまで上昇したが、その理由は、近年の市場へのアーリースタートアップ投資のための投資資金の流入が増えたためだと伝えられている。これにより、アーリーのスタートアップがシリーズAの投資を受けることが難しくなったと説明した。以下の Matter Mark が調査した資料でもわかるように、アメリカのアーリースタートアップのシリーズA投資が減少する傾向にある。

VentureBenchmarking_seriesAgrad.001-550x413

Ravikant 氏は投資を適切な時に適切に使用しなければ、市場のすべてのアーリースタートアップの企業価値を低下させることに成り得ると強調した。

最初は CSC が10億ドルのファンドを提案したが、AngelList は、あまりにも大きな金額だと考えた。4億ドルでさえ規模が大きいので、6〜8年にかけて分割投資をしなければならない。初年度に約2,000万〜3,000万ドルの規模で始め、徐々に育てていく考えだ。

今回のファンドは、中国企業がアメリカのスタートアップに投資を増やしていく適期に組成された、と専門家は語った。今年の初め、Alibaba(阿里巴巴)は Snapchat に2億ドルを投資しており、中国市場での Uber のライバルである Didi Kuaidi(嘀嘀快的)が Lyft に1億ドルを投資していると付け加えた。

【via BeSuccess】 @beSUCCESSdotcom

【原文】