ハイヤー配車のUberが、衣類を回収して東北に届ける「UberRECYCLE」を本日10月4日(日)限定開催

SHARE:

UberCYCLE

ハイヤー配車サービスという事業の仕組みを使って、「Uber」はこれまでもユニークな取り組みを行ってきました。国外ではUberEATSを展開し、今秋にはEコマースの配達をする予定。そんな需要と供給を即時にマッチングさせるという特徴を活かして、本日国内で展開するのが「UberRECYCLE」です。

10月4日(日)の午前10時〜午後3時までの間、東京都心部で実施されるUberRECYCLE。普段は配車依頼に使うUberアプリから、衣類の即時回収を依頼でき、東北の経済復興活動を支援する団体に寄付することができます。

皆さんが寄付した衣類は、一般社団法人日本リ・ファッション協会を通じて、特定非営利法人 ザ・ピープルと一般社団法人 あゆみの活動に使われます。衣類は、東北リサイクルショップで通常より安い価格で販売されたり、東北の仮設住宅で中古Tシャツを素材に布ぞうりを作る人たち(ふっくら布ぞうりの会)の元にも届けられるとのこと。

Uberは、世界各都市でUberGIVINGという取り組みを行っています。例えば、シリア難民に向けて洋服などを集め、それをヨーロッパの各都市のUberオフィスがNPO団体に寄付をしたことも。そんなUberGIVINGを日本でも展開することに。10月と言えば、「リデュース・リユース・リサイクル(3R)」推進月間。未だに経済的自立が難しい東日本大震災で被害を受けた人たちの生活に貢献しようと、今回の企画に至りました。

衣類の回収は、事前に登録しているボランティアドライバーが自家用車に乗って行います。衣類のまとめ方や回収リクエストの方法などは、こちらをご覧ください。