分離してモバイルバッテリーにもなる、5ポートUSB急速充電ステーション、TYLT「ENERGI Desktop Charging Station」

SHARE:

TYLT ENERGY Desktop Charging Station

米国のモバイルアクセサリーブランド「TYLT」から、デバイスを5台同時に充電可能なUSB急速充電ステーション「ENERGI Desktop Charging Station」が登場している。

TYLT ENERGY Desktop Charging Station

ENERGI Desktop Charging Station」は、5つのUSBポートを搭載した充電ステーションだ。家庭用の電源プラグから給電し、本体のUSBポートに接続したスマートフォン、タブレットなどを充電することができる。5つのUSBポートの最大電力は合計50Wで、うち4ポートが2.4A出力に対応。iPhoneに付属する充電器は1Aだが、このような通常の充電器と比べると2.4倍の速度で充電できるとしている。

と、ここまでは通常の急速充電ステーションでもよくあるスペック。

この「ENERGI Desktop Charging Station」が特徴的なのは、USBポートの1つが分離して、独立したモバイルバッテリーとして使える点だ。

TYLT ENERGY Desktop Charging Station

モバイルバッテリーとして利用したいときは、本体から引き抜いて使い、終わったらまた本体に挿しなおせば、自動的に充電される。そのためモバイルバッテリー自体を充電し忘れることがなくなる点はうれしい。筆者は外出先にモバイルバッテリーを持ってきたはいいものの、充電し忘れていた、ということが、よくある。

ちなみにこのモバイルバッテリー部分の容量は3,240mA。iPhone 6sならば約2回分充電できる計算だ。

この「ENERGI Desktop Charging Station」、IndieGoGoでプレオーダーを受付中だ。35ドル、45ドルで製品が1個手に入るプランは早々に予定数が終了したため、現在は55ドルから1個を手に入れることができる。予定小売価格は99.99ドルだというから、それでもかなり安く手に入れることができそうだ。

発送は、2015年11月開始の予定。日本への発送も行ってくれるようだが、電源プラグの形式が、アメリカ・イギリス・EU向けのみだというので、その点は注意しておきたい。

----------[AD]----------