ファクトリエが福岡で創業140年のシューズメーカーとオリジナルスニーカーを開発、Makuakeで予約販売

SHARE:
ファクトリエとムーンスター社のコラボスニーカーがMakuakeに登場
ファクトリエとムーンスター社のコラボスニーカーがMakuakeに登場

2012年のサービス開始当初から、The Bridgeでも追い続けている「Factelier(ファクトリエ)」。テクノロジーを手段と捉えて、日本に既にある価値や文化に着目し、それを次世代へと繋げる橋渡しをしています。そんなファクトリエが、本日クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」でプロジェクトを開始しました。

福岡県久留米市で140年以上に渡って靴作りを続けるムーンスター社とタッグを組んで開発するのが、オリジナル商品のスニーカーです。ムーンスター社は、もともと地下足袋の生産が盛んな「ゴム産業の町」久留米市で1873年に創業したシューズ製造業者。「すべての人々の「笑顔」と「しあわせ」のために」という経営理念のもと、真摯なものづくりに取り組んできました。

そんなムーンスター社の技術をファクトリエがアレンジし、素材・デザイン・シルエットなどあらゆる要素にこだわって完成したスニーカーです。幅広いファッションに合わせられるスッキリとしたデザイン。また、長年に渡る足型の研究によって、土踏まずのくぼみに至るまで、足にぴったりフィットするシルエットが特徴です。これらのデザイン性や機能性を実現するために、例えば、焼き物のようにゴムを作る「ヴァルカナイズ製法」などの技術が使われています。

ムーンスターの工場の様子
ムーンスターの工場の様子

このスニーカーが一足届くMakuakeの支援コースは、12,960円(税込)〜。ほかにも、ムーンスターの工場見学やトークイベントへの参加チケットなどが含まれるコースも。欲しいという方は、ぜひMakuakeで予約してみてください。

ファクトリエとムーンスター社が共同開発したスニーカー
ファクトリエとムーンスター社が共同開発したスニーカー
----------[AD]----------