AmazonがEtsyの牙城を切り崩すため、ハンドメイドマーケットプレイスの「Handmade at Amazon」をローンチ

SHARE:

Handmade at Amazon

<ピックアップ>Amazon launches Etsy competitor Handmade at Amazon

Primeユーザ向けに1時間でデリバリーするサービスしかり、その先にはフードデリバリー事業への展開、ホームサービスのオンデマンドサービスなど、EC事業だけではなくさまざまなオンデマンドサービスを展開しようとしているAmazon。ものづくりに対しても、ハードウェアスタートアップのためのマーケットプレイスAmazon Launchpadも運営しています。その多くは、すでに先行するスタートアップや企業がいるのも関わらず、後発ながらその資金力や開発力で事業を展開しようとしているAmazonが狙う、新たなマーケットプレイスは、Etsyをライバルと見据えたハンドメイドマーケットプレイスのようです。

10月8日にAmazonはハンドメイド向けのマーケットプレイス「Handmade at Amazon」をローンチ。ローンチ時にすでに80万もの商品と60以上もの国や地域のクリエーターの商品が並んでいるとのことで、かなりの下準備をして今回のローンチを迎えているようです。これはつまり、EC事業でも大きく差をつけられているEtsyに対してそのシェアを奪わんと目論んでいることが伺いしれます。

またNew York Timesの記事によると、そのマーケットプレイスの手数料もEtsyを意識しているようで、12%という安い手数料を展開するなど、安さとそれまで築き上げてきた物流網を武器に一気に攻めていこうとしています。

Amazonは、先日にはHuluやNetflix対策としてAmazon Prime Videoを投入し、安さを武器に既存プレイヤーへプレッシャーをかけるなど、この数年はありとあらゆるEC事業を飲み込む大きなコマースプラットフォームへの転換を図ろうとしており、次にどのコマース事業プラットフォームを見据えているのでしょうか。

via The Verge

----------[AD]----------