競合サイトアクセス分析のSimilarWebが、シリーズEラウンドで2,500万ドルを調達——評価額は4億ドル

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2015.10.27

Thebridge_jp_Traffic_Statistics_by_SimilarWeb

<Pick Up> Israeli SimilarWeb pulls in $25 million during Series E

イスラエルを拠点とする、競合サイトアクセス分析プラットフォーム SimilarWeb は26日、直近の資金調達で2,500万ドルを調達したことを明らかにした。このラウンドは、メディアグループの Naspers がリードし、既存投資家の Load David Alliance が参加した。

これは、前回シリーズDラウンドの1,500万ドルの調達に続くもので、今回のラウンドを含めた調達合計額は、6,500万ドルに上る。

今回のラウ ンドをリードした Naspers は近年、世界中の130カ国で投資の実績があり、投資先には、中国のTencent(騰訊)、インドの Flipkart、ロシアの Mail.ru などがある。

2009年に最初のプロダクトがローンチした SimilarWeb は現在社員数250名。イスラエルのほか、ニューヨークにも新オフィスを構える。現在、世界190カ国の8,000万以上のウェブサイト、300万以上のモバイルアプリのアクセスをモニタしている。

この分野には Alexa や AppAnnie などの競合が存在するが、これらのサイトがアプリのダウンロード状況や SEO スコアを中心に評価するのと対照的に、SimilarWeb は、ウェブやアプリのアクセス状況、ユーザエーンゲージメントの状況の包括的な評価を得意とする。

今回の資金調達を受けて、来年末までに社員数をさらに100人増やし、350名規模にするとのこと。現在のニューヨークに加え、日本、ブラジル、イギリス、ロシアにオフィスを新設するとしている。

via Geektime

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------