インドのライドシェアリングサービス「LiftO」が13万ドルを資金調達

SHARE:

lifto

<ピックアップ>Ride sharing app LiftO raises $130K in angel funding

インドのムンバイを拠点とするP2Pのライドシェアリングサービス「LiftO」が、エンジェルラウンドで13万ドルを資金調達したことをTechcircle.inが報じています。

このラウンドに参加したのは、Tree House EducationのRajesh Bhatia氏, TemasekファンドマネージャーのDheeraj Mehta氏に加えて、数人の投資家たち。

「LiftO」は2016年3月までにシリーズAのラウンドで500万ドルを資金調達しようと計画しているそうです。

インドでは、Uberに対抗するために配車アプリOlaが相乗りサービスをリリースするなど、ライドシェアリングの領域においても競争が激しくなっています。

後発のスタートアップがどのように戦うのか注目したいところ。

via Techcircle.in

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録