インドの配車アプリOlaが相乗りサービスをリリース、対Uberに向けて開発を急ぐ

SHARE:

ola
<ピックアップ>Ola wants passengers to share rides with their mates

インドの配車サービスを展開するOla。Uberのインド展開に対して地元発の企業としてローカルなサービスで対応していっています。

そんなOlaが、相乗りサービスを始めました。相乗りサービスは、ドライバーが目的地を入力し、その目的地の途中で拾えそうな乗客がいた場合にピックアップして乗せてあげるもの。もちろんドライバーは乗客が支払ったお金を受け取ることができます。これによって、Olaが抱えるドライバーだけでなく、ソーシャルな要素をもとにライドシェアを実現しようとしています。

実は、中国などで相乗りサービスを展開しているUberが、インド・バンガロールでもこの相乗りを展開するとのことで、まさにUberに先んじられように先手を打ってサービスを展開しています。インドにおけるOla対Uberの熾烈なシェア争いの形と言えます。

via TNW

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録