ローンチ後2年で閉鎖したアプリ「Everest」の設立者が分析する、その「敗因」とは?

by Yuki Sato Yuki Sato on 2015.10.30

everest

<ピックアップ> The Rise and Fall of Everest (the App)

スタートアップの成功ストーリーが語られることはよくあるが、失敗にまつわるストーリーがシェアされることは、実際の失敗率の高さに比べるとはるかに低い。当然、自らの失敗について語るのは簡単ではない。でも、実際には失敗から得られる学びは非常に大きい。

Medium上のProduct Huntのブログでは、2012年末にローンチし、その2年後にクローズしたアプリEverestについてのストーリーが紹介されており、興味深い。2年の間に何があったのか、EverestのコーファウンダーKatherine Krug氏が振り返っている。

ちなみに、Everest はユーザーが自分の夢や目標を実現するためのアプリとしてローンチした。同じ夢を共有する人を見つけたり、目標に到達するためのステップの設定を促すなど、様々な仕組みを取り入れて、ユーザーの夢実現を応援することを目指していた。

Krug氏はそんなEverestの2年間について、思慮深く振り返る。うまくいったこととして、デザインを重視したこと、すばらしい企業カルチャーを築いたこと、ビジョンに共感する投資家やアドバイザーを得られたことにも言及した上で、「誤ってしまったこと」を詳細に挙げる。

彼女が分析する「失敗要因」は、MVPの開発に時間がかかり過ぎた(「MVPを作るのに1年もかけているとしたら、それはMVPじゃない」とコメントする)、動作が遅くバグが多いプロダクトをローンチしてしまった、メトリック管理を始めまでにローンチ後8ヶ月も要した、バーンレートが大きすぎた、モバイルプロダクトなのに入力ポイントが多すぎた、などという点を挙げている。

やはり最初のスタートで、しかも大きな支出を伴った形でつまづくと、そこからの巻き返しはどんどんハードになる。

特にMVPの開発に置いては、「絶対に必要な」機能に絞らず「あると良い」機能を詰め込み過ぎ、そのためローンチまでに時間がかかりすぎたと彼女は振り返る。また、暗中模索で開発していたため、プロダクトをテストする上でのアプローチをしっかりと築いておらず、その結果バグも多く、それを修正するにも時間がかかった、とも。

あくまで、彼女の視点による敗因分析ではあるものの、当事者による振り返りは重く、示唆に富む。ぜひ、原文を参考にしてみていただきたい。

via. Product Hunt

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------