ニューラルネットワークで文脈を理解する誤字自動修正/予測変換アプリの「SwiftKey」が、日本語のローマ字入力に対応し正式リリース

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2015.10.16

Japanese-Romaji-SwiftKey_featuredimage

世界で1億台以上の Android スマートフォンや Android タブレットで使われている入力支援アプリ「SwiftKey」が13日、日本語のローマ字入力に対応して正式リリースされた。Google Play からダウンロードできるiOS 向けについてもリリースしているが、こちらは日本語には未対応。今回の Android 版日本語対応により、SwiftKey では、100言語の文字入力に対応したことになる。

Japanese-Romaji-Screenshot-SwiftKey-225x400SwiftKey はひらがな、カタカナ、漢字のローマ字入力に対応、ユーザの入力習慣の自動学習により、入力文字列の自動修正や予測変換を実施する。ニューラルネットワークを使って入力された文章のコンテキストを理解するため、自動修正や予測変換の正答率(ユーザが本来意図した正しい表記になる率)が高いことが特長だ。

SwiftKey は複数言語ユーザにとっての容易さを重視し、12個の五十音子音キーが並んだ従来の配列ではなく、アルファベットによるローマ字入力に特化したと説明している。SwiftKey では、同時に3言語までの文字入力をサポートしており、特に日本語版のリリースでは、日本語と英語を併用するユーザの操作性を考慮し、スペースキーをクリックするだけで言語が切り替わる機能を実装した。

SwiftKey はロンドンを拠点とするスタートアップで2013年9月の設立。これまでに Index Ventures や Accel Partners などから総額で約2,160万ドルの資金を調達している。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------