VR(仮想現実)市場のランドスケープ、234企業の総合評価額は130億ドル規模に【VB Profilesから】

by Dean Takahashi Dean Takahashi on 2015.10.13

Above: The VR landscape. / Image Credit: VB Profiles
Above: The VR landscape. / Image Credit: VB Profiles

仮想現実(VR)はここ5年で大量の投資金を投入されており、その総評価額は130億ドル規模になっている。これはVB Profileの調査によるものだ。

VB Profileでは234の企業をこの分野、アプリケーションやコンテンツ、VRコンテンツスタジオツールやプラットフォーム、キャプチャツール、VRコンテンツ配信プラットフォーム、ヘッドマウントディスプレイ、そしてユーザー入力用のハードウェアといったものの中に見つけることができた。VB ProfileはこのVRランドスケープを今日サンフランシスコで開催するGameBeat2015でお知らせする予定だ。(VB ProfileはSpoke IntelligenceとVentureBeatとパートナーシップを結んでいる)

これらの企業は4000人の人々を雇用しており、現時点までに38億ドルを調達している。そしてその評価額は130億ドルにものぼる。これらのビリオンダラーカンパニーにはFacebookが20億ドルで買収したOculus VRも含まれている。

そしてこの企業の3分の1以上、つまり82社についてはカリフォルニアを拠点としている。ニューヨークが18社、ワシントンが18社、カナダが11社で英国が11社となっている。残りは世界各地に散らばっている。

9社は既に株式を公開済みだ。6社は買収されている。35社は何らか他の会社の一部となっており、185社がプライベートカンパニーの状態だ。

VRの爆発的な拡大はこの5年で明らかなものとなった。134社が2005年から2009年の間に生まれ、18社がスタートアップした。

おおよそ2015年に41社が3億900万ドルを調達しており、2014年には27社が14億ドルを調達している。現在までの最大級の調達はMagic Leapで、これは拡張現実(VR技術の姉妹品みたいなものだ)企業で、Googleなどの企業から現時点までに5億9200万ドルを調達している。

最大の投資家はIntel CapitalとGoogle Venturesで、それぞれ7社に対して出資をしている。アンドリーセンホロウィッツ、Formation8、Qualcomm Venturesはそれぞれ3社に出資をしている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------