YCombinatorがシード投資したスタートアップのレイトステージに出資する新ファンドを設立

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2015.10.17

image via. Flickr
image via. Flickr

<Pick Up> Y Combinator creates new fund to invest in its later-stage companies

世界でも有数のスタートアップ・インキュベーターである「Y Combinator」。2005年の設立から、今年に入ってその1,000社目への出資を実施した。そのポートフォリには、Airbnb、Reddit、Stripe、Instacartなどのスタートアップが名を連ねてる。

そんなY Combinatorが新設したのが、7億ドルのベンチャーファンド「Y Combinator Continuity Fund」。従来のシード投資ではなく、スタートアップのレイターステージへの投資を目的としたもの。

毎年2回スタートアップを受け入れて、一社あたり12万ドルを投資する(株式保有率で約7%)。その後、プログラムを卒業するとスタートアップは実質、独り立ちするというのがこれまでの流れだった。今後は、その中でも3億ドルの評価額に到達したスタートアップを対象に追加投資。一方、3億ドル以上の評価額を受けるスタートアップに関しては、より慎重に厳選するとのこと。

新設ファンドは、昨年パートタイムのパートナーとしてY Combinatorに参加したTwitterの元COO (Chief Operating Officer)であるAli Rowghaniが指揮を執る。

via. Business Insider

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------