セブンバイツがアニメ・ゲーム専門フリマアプリ「アニマート」をアニメイトラボへ事業譲渡

SHARE:
セブンバイツ代表取締役の澤田翔太氏
セブンバイツ代表取締役の澤田翔太氏(2014年11月筆者撮影)

アニメ・ゲームのグッズを個人間で取引するフリマアプリ「アニマート」を開発・運営するセブンバイツは、日本最大級のアニメ関連企業であるアニメイトグループのアニメイトラボへと事業譲渡を行うことを発表した。同サービスは、リリースから約1年10ヶ月で事業譲渡となった。

「アニマート」は2014年1月にサービスをリリース。同年11月には資金調達を実施、オークファンと業務提携を結ぶなどサービスを発展させてきた。

A2mato

セブンバイツが自社事業を譲渡するのは、請求管理サービス「Noroshi」に続いて2度目。セブンバイツ代表取締役の澤田 翔太氏は、今回の事業譲渡に関して、「アニメ系企業の最大手であるアニメイトグループに事業譲渡することで、サービスの拡充が見込めます。アニマートのより一層の拡大を願っています。」とコメントした。