バッテリーを身につけるという発想、ベルト型モバイルバッテリー「THE ION BELT」

SHARE:
20151114_belt2
Image Credit : The ION BELT

The ION BELT」は、身に付けることができるベルト型のモバイルバッテリーで、iPhone 6sを約1.5回フル充電できる3,000mAhのバッテリーが内蔵されている。

職人によってひとつひとつ手作りで制作されている本革製のベルトに、充電中の発熱を体に伝えない技術を施し長時間充電しても熱くなりにくく、安全に利用することが可能とのこと。USB端子が内蔵されていて、LightningケーブルでiPhone等のアップル製品ほか、microUSBののプロダクトの充電可能。

20151114_belt
Image Credit : The ION BELT

ベルト本体への充電はバックル部分のUSBから直接充電するようになっている。

なお「The ION BELT」は、アメリカでは有名なスポンジブランド「Scrub Daddy」の考案者Aaron Krause氏が、スマートフォンの充電に課題を感じてベルト型のモバイルバッテリーが欲しいというアイデアを募らせていたところ、2014年にすでにベルト型のモバイルバッテリーを開発し、クラウドファンディングで成功させたPiers Ridyard氏の存在を知って直接連絡したところからこの製品の開発が始まったそうだ。

記事執筆時点では、5万ドル(約600万円)の目標額に対して、39日間の猶予を残してドル3万7970ドル(約465万円)の出資を獲得している。「The ION BELT」をひとつ入手するのに、130ドル(約1万6000円)程度、2016年6月以降に出荷予定、日本への発送も可能。

via kickstarter