タップや左右スワイプでスキマ時間に転職活動ーーエンジニアのためのスマホ完結型転職アプリ「Swipee」

SHARE:

Swipee-website

クラウドエンジニアリング事業やイベントスペース「21cafe」の運営、企業とエンジニアをつなぐ技術イベント「TECH VALLEY」などを運営するギークス。同社が提供するのが、250社以上が求人情報を掲載するエンジニア向けの転職活動アプリ「Swipee」です。

Swipeeの特徴は、従来のWebサイトなどではなく、iOSのネイティブアプリのみで展開されていること。求人閲覧やコミュニケーションの快適さ、タップ入力による直感的な操作を提供し、忙しいエンジニアの転職活動の効率化を目指して開発されました。

タップや左右スワイプで仕事探し

Swipee-app

スマホアプリだけで一連の転職活動が完結するSwipeeでは、経歴書の作成もアプリから。エンジニア専用に展開することで、過去の担当業務やスキルを細かく分類し、これらをタップだけで経歴書に盛り込むことが可能に。従来のテキスト入力を中心とした経歴書作成にかかる時間を大幅に短縮してくれます。

また、完成した経歴書をもとにユーザーのスキルや志向を解析。次回以降は、アプリ起動後すぐにマッチする求人票を自動で表示してくれます。レコメンドされた求人票を画面スワイプで「LIKE」または「PASS」することで、求人票をチェック。電車の中での移動時間などスキマ時間を有効活用して、親指ひとつで仕事探しができるよう工夫がされています。企業の採用担当者への質問や日程調整などもアプリ内のチャット機能で行えるとのこと。

サービスリリース前の調査では、25歳〜35歳のWebスマホエンジニアによる支持が多く見られ、これまでの面接実績を見ても、そのほとんどを30歳前後のWebエンジニアとiOSエンジニアが占めています。

年内にはAndroid版、スカウト機能などを予定

Swipeeは、エンジニアを対象に実施した転職活動に関する調査結果を参考にして開発されました。2015年3月〜6月末までに行った調査では、転職活動が完結するアプリがあれば使いたいという声が90%超。また、転職活動に困っていることには「多忙で 仕事探しにかける時間が割けない」「求人数が多く一つ一つ見るのが大変」「経歴書 の作成が面倒」といった声が集まりました。

また定性的なヒアリングでは、「オンラインで開発環境言語と給料を確認し、面接時に会社の雰囲気を確認する」という転職活動に見られる傾向が明らかに。現代のエンジニアの転職活動の実態やニーズを踏まえて、その課題解決を目指すソリューションがSwipeeなのです。Swipeeのサービス開発責任者の笠間涼さんはこうコメントします。

「求職エンジニアの一番大きなニーズは、「納得出来る報酬で自分の興味ある仕事に携わる事」だと考えています。Swipeeでは、「経歴書作成・仕事探し・応募・採用担当者とのやり取り」を最大限に効率化出来るサービスを作る事に最も比重をおき、ここを効率化することで 「会社の雰囲気」を知るため、 面接の時間をより多く創出します」

「全てのITエンジニアが必ず使う求人アプリ」を目指すというSwipee。年内にはAndoird版アプリのリリースを予定し、その後もスカウト機能やgithubダイレクトリクルーティング機能などの追加を予定しています。また、求人掲載企業数は2015年内に1,000社、ユーザー数は2015年内に10,000人を目標とのことです。

----------[AD]----------