日本全国のおでかけプランが集まる「Holiday」に海外おでかけプランが追加、タイムリーなイベント情報も

SHARE:
CITI-BIKE-Holiday
Holidayに投稿されたNY都心部を自転車で楽しむプラン

”いつもの休日を楽しみにしてくれる”おでかけアプリ「Holiday」に新たなアップデートが加わりました。これまでの国内のおでかけプランに加えて、海外プランも投稿できるように。また最新バージョンでは、イベントや新店舗オープンなどタイムリーな情報も見られるようになりました。

2014年9月11日のサービス開始から1年強が経つHoliday。ユニークなおでかけプランを投稿者側のユーザーからは、海外プランも投稿したいという声が聞かれていました。海外プランも見たいというニーズが高まってきたことを受けて、今回のアップデートに至りました。これで、週末など普段のちょっとしたおでかけから、気合を入れていく海外旅行までをHolidayで情報収集できるようになりました。

正式リリース前のテスト運用では、実際にオランダやオーストラリア、アメリカなどの現地に住む人にプランを投稿してもらいました。すると、食を中心に現地ならではの情報が多数集まり、また日本人がキュレーションしていることで個性的ながらも安心して頼れる情報が集まっています。

プランの閲覧者に向けたサービス強化も

ユニークでバラエティに富んだおでかけプランを集めるために、これまで投稿者に向けたサービスづくりをしてきたHoliday。今回のアップデートを機に、おでかけプランを閲覧する側に向けた機能強化や改善にも取り組んでいきます。その一つが、探す機能の充実。これまでは、自分がお気に入りしたスポット情報を閲覧する形でしたが、新たに現在地から他のユーザーおすすめのスポットを探せるように。日本全国で、Holidayを片手に街歩きを楽しむことができます。

Holiday-find-from-your-location  Holiday-Toranomon

また、おでかけプランに紐付けてタイムリーなイベント情報をフィードに表示。例えば、「六本木の国立新美術館でお散歩プラン」というおでかけプランがあったとすると、今やっている企画展をそのプランに紐づけて紹介します。毎週の企画会議で厳選した情報に絞って紹介され、現時点では、特に都内の20〜30代の女性に向けた情報を意識しているとのこと。

「イベント情報など鮮度が関わるものをHolidayでどう出すかについては、ずっと議論してきました。イベントには、必ずどこかしらのスポットが紐付いているため、そのまま紹介するのではなく、プランが生き返る、より魅力的になる形でそれを形にしたいなと。タイムリーな情報とおでかけプランのシナジーを高める見せ方にチャレンジしています」(サービス統括責任者 友巻憲史郎さん)

大きなイベントに比べて、中小規模のイベントは、そのためだけに出向くハードルが高くなりがち。おでかけプランと紐付けて紹介する形にすることで、イベントがおでかけの一部になってより足を運びやすくなることが期待されます。

おでかけのプランニングまで完結する形

Holiday-abroad Holiday-Japan

Holidayに投稿された海外おでかけプランを見てみると、「オアフ島の女子ごはん」「聖地巡礼!スコットランドのウィスキー蒸留所を巡る旅」「CITI BIKEで回るNYC〜グラウンドゼロからブルックリンブリッジ」など、行ってみたい欲をそそるプランが投稿されています。

「おでかけは日常的に行う行為。だからこそ、奇をてらったものより、本当にあったら便利というところを大切にしてきたい」と話す友巻さん。今後は、行き先が国内でも海外でも、おでかけする時のプランニングをサポートするような機能の追加を検討しています。

「おでかけのプランニングに解決するべき課題があると思っています。雑誌やテレビでリサーチしたり、Google Mapsを頑張って使ったり、メモをとってみたり。まだ、これといって確立された方法がありません。行き先について調べるところから、当日実際に出かけるところまで、Holidayとして提供していきたい価値です」

「この週末どうしよう?」という身近なところから、「いつか行けたらいいな」という将来のワクワクまでを提供してくれるHoliday。今後のますますの進化に期待したいと思います。

----------[AD]----------