福岡市が台北で説明会を開催、アジアのスタートアップハブを目指し台湾からのスタートアップ誘致を本格化

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2015.12.11

fukuoka-startups-in-taipei-panel

<ピックアップ> 到日本創業去!福岡打造「創業特區」,向台灣新創團隊招手

アベノミクス成長戦略の一つ「グローバル創業・雇用創出特区」に指定されている福岡市は9日8日、台北市内の華山1914文創園区(Huashan Creative Park)で、台湾と日本のスタートアップを集めたミートアップを開催し、この中で、福岡での台湾起業家向けのスタートアップ設立についての説明を行った。 福岡市は1月にも、台湾からスタートアップ10チームを選出し、福岡のスタートアップ・シーンへの招待を実施する予定だ。

説明会のパネル・ディスカッションには、台湾から VMFive の丁俊宏(Sam Ding)氏、福岡からヌーラボの橋本正徳氏、SHIRYOUKO STUDIO の埴渕修世氏(中文名:小哈)、D-Zero の矢野修作氏、Andus の前田哲郎氏、Fusic の納富貞嘉氏の6名が参加。セッションでは、日本では特にプロダクトの品質が重視され、細部に至るまでチェックを求められる点、英語よりも日本語でのやりとりが重視される点、社会的人間関係を維持するために、仕事以外のシーンで飲みなどの付き合いが重要になる点などが論じられた。

(本稿における写真は、ヌーラボ・橋本正徳氏による提供)

fukuoka-startups-in-taipei-group-photo

Via Inside 硬塞的網路趨勢觀察

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------