起業家と投資家を繋ぐプラットフォーム「Fundacity」が、2014年のアジア太平洋地域アクセラレーション状況を発表【インフォグラフィック】

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2015.12.29

fundacity-asia-oceania-accelerator-report-2014-1

ブラジル・サンパウロに拠点を置き、スタートアップと投資家をつなぐプラットフォームを営む「Fundacity」が、昨年のアジア太平洋地域で実施されたアクセラレーションに関する統計をインフォグラフィックにまとめ発表した。これは同社が今年4月に発表した、南米地域のアクセラレーションの統計インフォグラフィックに続く第2弾だ。

それによると、アジア太平洋地域のスタートアップ・アクセラレータ36社によって、スタートアップ334社に投資がなされ、その総額は922万ドルあまり(約11億円)。アクセラレータから投資を受けたスタートアップが最も多いのはオーストラリア、投資総額で最も多いのはインドで、日本については、アクセラレータから投資を受けたスタートアップは13社、投資総額は54万ドルとされている。

アクセラレータ別に投資金額が多いところを上から順に並べてみると、インド・アーメダバードの CIIE、中国・深圳のハードウェア専門アクセラレータ HAX(旧:HAXLR8R)、以降、オーストラリアの BlueChilli、韓国の Primer、日本の Mistletoe、シンガポールの JFDI などが続く。これらのアクセラレータからどのようなスタートアップが輩出されているかは、THE BRIDGE ではデモデイの様子をカバーすることで紹介している。

fundacity-asia-oceania-accelerator-report-2014-2

<関連記事>

興味深いことに、アクセラレータがらが集中してゆきたいとする投資分野で、IoT がモバイルや Eコマースを上回っている点だ。2014年と言えば、テクノロジー特化や形のある(tangible)プロダクトへのフォーカスが始まった年であり、その傾向が如実に反映されたものと言っていいだろう。

最後にこのレポートは、この地域のアクセラレーション事情について、次のような分析を残して結んでいる。

アクセラレータは、伸びゆく起業家文化を背景に、新興系のベンチャーキャピタルによるシードやプレシード投資の新しい形と見られるようになりつつある。公的機関が支援したいと考える分野だ。アクセラレータは初期投資、メンターシップなど、起業家が新しいベンチャーを立ち上げる支援を提供する。

アジア・オセアニア地域のアクセラレータは、Y Combinator や Techstars に代表される欧米のアクセラレータのモデルをベースにしてきたようだ。アクセラレータの多くが2012年以降に立ち上がったこの業界では、現在も新しい動きが生まれ続けており、彼らがアメリカから輸入したアクセラレーション・モデルを自らの市場に適用するにつれ、さらに興味深い進化や発展が期待できるだろう。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------