未来のキャリアに繋がる実践型インターンシップの掲載媒体「InfrA」が、奨学金制度で最大5万円を補助

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2015.12.16

デザインがリニューアルされた「InfrA(インフラ)」
デザインがリニューアルされた「InfrA(インフラ)」

10月頭にβリリースされた「InfrA(インフラ)」。学生による就職前のインターンシップへの参加が伸びていることに着目し、より未来のキャリアに繋がる中長期インターンシップを掲載しています。この度、新制度を導入し、またそれに伴うデザインリニューアルを実施しました。

新たな制度とは、「インターンシップ奨学金制度」です。インターンシップに参加する学生に対して、InfrAが奨学金を最大5万円補助するというもの。今回の奨学金制度によって、そうした金銭的な理由からインターンシップに参加できなかった学生を、返済不要の奨学金でサポートしていきます。

サービス開始から2ヶ月間の運営で顕在化してきた課題に、学生の懐事情がありました。インターンシップには薄給なものが多く、バイトとの掛け持ちが厳しかったり、バイトへの出勤数が限られてしまうといった理由で、インターンシップへの参加に踏み切れない学生がいる。奨学金制度は、そんな課題へのひとつのソリューションです。

インターンシップ奨学金は、InfrAを通して学生が企業のインターンシップにエントリーし、採用されると、受給の資格を得る仕組み。インターンシップの採用が決定し、1ヶ月間、その会社での勤務が確認できた時点で5万円の奨学金が支給されます(14日以内の短期インターンシップは2万円を支給)。

リニューアル後のInfrAを見てみると、インターンシップを職種や地域で探せるのはもちろん、「週3日以下でもOK」「新規事業立ち上げ」「理系学生にオススメ」といった特徴から探すことも可能になっています。InfrAが目指す「本当にやりたいことに向かっている人を増やす」が、また一歩近づいたのではないでしょうか。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------